スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手延べうどんTururu


tururu120110719.jpgtururu220110719.jpg

tururu320110719.jpgtururu420110719.jpg

tururu520110719.jpg

地獄炊き 380円(7月中300円)
きのこ炊き込みごはん 150円

北九州市小倉北区重住3-2-21

かのなつさんの「北九B級食いまくり記」で知った店!五島うどんとのこと。予備知識無く入った。

食感が良い、上品で優しいうどん!小倉名物肉うどんと比較して(ちょっと強引だったですか~♪)、ソフトな印象である!

なかなかいいうどんだった!

五島うどん
長崎県五島列島で 産するうどん。厚めに丸く伸ばした生地を鎌で渦巻き状に切り出した後(この工程から「鎌切りうどん」とも言われる)、少し力を加えながら横に並べた二本の 棒に8の字にかけてから、棒の間隔を少しずつ引き伸ばした後、一旦、生地を外してからまた力をかけながら生地を棒に8の字にかけていく、というそうめんや稲庭うどんのような手延べ製法で作られる。このため普通のうどんより細く、断面が丸いのが特徴。手延べの際に粉をふらず五島産の椿油を使用しており、かすかにその香りがする。たっぷりのお湯で茹で上げたあつあつの釜揚げうどんを醤油やアゴ(トビウオ)出汁のたれで食べる「地獄炊き」が代表的な食べ方である。弘法大師伝来を称する讃岐うどんに対し、五島うどんは地理的に大陸から独自ルートで直接伝来したと言われる
wikipedia


満足度(5点満点) 4


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Gen

Author:Gen
Food room へようこそ!

FC2カウンター
リンク
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の記事
ブログ内検索
フリーエリア
月別アーカイブ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。